粘着効果について

| 未分類 |

冬に入ると雪が降る地域では、車のタイヤをスタッドレスタイヤに履き替える光景が良く見られます。以前はタイヤにピンが埋め込まれた、スパイクタイヤが主流でしたが、粉じんをまき散らすなどの理由から全面廃止となり、その後登場したのがこのスタッドレスタイヤです。
スパイクタイヤは、中にピンが埋め込まれているので、雪道でも滑らないのは予想が付きますが、ではスタッドレスタイヤは、ピンが埋まっていないのに、なぜ雪道でも滑らないのでしょう?
凍った路面が滑る原因は、氷そのものが滑るのではなく、氷の表面が太陽の日差しで融けて水になり、氷の上に膜を作ってしまうからです。この水の膜が路面の氷とタイヤの間に侵入することで、タイヤが滑ってしまうのです。


そこでスタッドレスタイヤには、滑らない特殊な加工が施してあるのです。
スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤと比べて溝が深くなっているのに気付きます。それによって、雪道を走行中タイヤの溝が路面の雪をしっかり噛んでくれるためグリップ力が上がります。
素材には低温でも柔らかさを保ってくれる特殊ゴムを使用しています。ゴムが柔らかいことで凍った路面のデコボコにもピタリと密着します。この粘着効果で更に滑らなくなるのです。