雪道や凍った路面で滑る原因は、車重の圧力によって水分が溶け出してできる水の膜です。
この水の膜が氷とタイヤの間に入って、タイヤを滑らせるのです。
スタッドレスは雪道や凍った路面でも走行ができるように開発されたタイヤで、特別な仕組みによって滑らないようになっています。
深い溝は積雪路で雪を溝が噛むようにしてグリップを得る働きをし、接地面で溝に噛んだ雪はタイヤが回転する間に溝から剥がれ落ち、再度接地した時には、新たに雪を噛む動きをするようになっています。
細かい溝はサイプと呼ばれており、ブロックが変形し凍結路や積雪路で路面を引っ掻くようにしてグリップを得るようになっています。


ゴムは低温でも柔軟さを失わず、また常温でも溶けないよう通常のタイヤとは異なるゴムを使用しており、柔軟に凹凸した路面に密着して接地面積を増やし、グリップ力を維持しています。
また、ブロックサイズ、タイヤのパターン、ゴムの構造などを工夫する事で、タイヤの除水性能を高めて滑りを防止してくれる働きがあります。
さらに、凍結路でのグリップを向上させるために、気泡を含んだゴムを使い吸水や吸着効果を向上させたり、グラスファイバーやクルミの殻を練りこんで引っ掻き効果を高めたタイヤもあります。