保管の前にすること

| 未分類 |

冬のドライブに欠かせないスタッドレスタイヤ。シーズンが終了すれば次の冬までお役御免となりますが、適切な保管をしていなければ劣化が進み、耐用年数を縮めてしまう結果となってしまいます。
基本的にスタッドレスタイヤは直射日光を避け、気温の上下動が少ない通気性の良い場所で保管しなければいけません。ホイールはつけたままで、平らな所にカバーなどをつけて保管します。保管場所が無い場合は、一部のガソリンスタンドやカーショップなどが提供するタイヤ保管サービスを利用するのもいい方法です。


しかしスタッドレスタイヤを長持ちさせようというのであれば、保管する前の作業も丁寧におこなう必要があります。まずタイヤのゴムが硬化することを防ぐために、汚れや水気を取ることが大切になります。融雪剤や油脂が付着していることもありますので、しっかりと水洗いしたうえで、水分を残さないように拭き取っておくことが重要です。さらにタイヤの空気圧を適正な数値の2分の1ほどまで下げておくことも必要です。タイヤというものは常に張りつめた状態にあるものなので、空気圧を下げておけばタイヤのゴムや内包するコード類の負担を低減させる効果が期待でき、想定以上の劣化を防ぐことができます。