エッジ効果について

| 未分類 |

雪道でもスタッドレスタイヤが滑らないのにはいくつかの理由があります。雪道や凍結路を安全に走行するためにはタイヤのグリップカ、つまり路面をしっかりと掴む力が重要になるのですが、スタッドレスタイヤにはこのグリップカを高めるための工夫がいくつか施されています。


スタッドレスタイヤと路面が設置する部分をトレッドといいますが、このトレッドにはトレッドパターンという立体的な模様が刻まれています。このトレッドパターンはスタッドレスタイヤだけではなく、全てのタイヤに刻まれているものですが、スタッドレスタイヤには独特の模様が刻まれているのです。
スタッドレスタイヤのトレッドパターンはブロック型というものが採用されています。このブロックの角の部分が走行時に路面の雪をひっかくことで抵抗が生じるので、スタッドレスタイヤを装着していれば雪道でも安定した走行が可能になるのです。この抵抗により走行が安定することをエッジ効果といいます。
さらにスタッドレスタイヤのトレッドには、サイピングというより細かな溝も刻まれています。車の安定走行には接地部分の水分を除去することも重要ですが、この細かな溝が太い溝により排水しきれなかった水分も除去してしまうので、抵抗力がさらに高まり、凍結路でも安定して走ることを可能にしています。