» 未分類のブログ記事

保管の前にすること

| 未分類 |

冬のドライブに欠かせないスタッドレスタイヤ。シーズンが終了すれば次の冬までお役御免となりますが、適切な保管をしていなければ劣化が進み、耐用年数を縮めてしまう結果となってしまいます。
基本的にスタッドレスタイヤは直射日光を避け、気温の上下動が少ない通気性の良い場所で保管しなければいけません。ホイールはつけたままで、平らな所にカバーなどをつけて保管します。保管場所が無い場合は、一部のガソリンスタンドやカーショップなどが提供するタイヤ保管サービスを利用するのもいい方法です。


しかしスタッドレスタイヤを長持ちさせようというのであれば、保管する前の作業も丁寧におこなう必要があります。まずタイヤのゴムが硬化することを防ぐために、汚れや水気を取ることが大切になります。融雪剤や油脂が付着していることもありますので、しっかりと水洗いしたうえで、水分を残さないように拭き取っておくことが重要です。さらにタイヤの空気圧を適正な数値の2分の1ほどまで下げておくことも必要です。タイヤというものは常に張りつめた状態にあるものなので、空気圧を下げておけばタイヤのゴムや内包するコード類の負担を低減させる効果が期待でき、想定以上の劣化を防ぐことができます。

豪雪地帯に住んでいなかったとしても、雪が積もることがある地域に住んでいるのであれば、スタッドレスタイヤは持っておいた方がいいと言えるでしょう。
特に通勤や移動手段として車を使わなくてはならないような人の場合は、いざ出かけようと思った時に雪が積もっている場合には、出かけることが出来なくなってしまいます。
ですのでいざという時のためにも、スタッドレスタイヤを購入するようにしておくといいでしょう。
しかしだからと言って、一年中スタッドレスタイヤを履いているわけにもいきませんので、雪の降らない時期にはノーマルタイヤを履くようにしておいた方がいいでしょう。
そこで、外したスタッドレスタイヤをどのようにして保管しておけばいいのかという事になります。


気を付けたいのが紫外線や雨から守りたいという事なのです。
やはりそういったものにさらされた状態のものになると、劣化が進んでしまう形になりますので、保管方法は気を付けるようにしたいものです。
そこで役に立つのが、タイヤカバーなのです。
カバーをして保管しておくことによって、紫外線や雨からも守ることが出来るようになりますので、保管時にはカバーに入れるようにしておくといいでしょう。

スタッドレスタイヤとは、積雪や凍結した道を走行するために開発されたタイヤです。
スタッドレスタイヤのことを冬タイヤ、普通のタイヤのことを夏タイヤと呼びます。
冬のシーズンが終わり、夏タイヤに交換するのですが、その際に気をつけたいのがスタッドレスタイヤの保管場所です。
来シーズンにもまた活躍してもらうためにもキチンと保管しておく必要があるのです。
保管前の準備として、タイヤの表面についた汚れをしっかり落としておきましょう。
濡れた状態で保管すると劣化の原因になりますので、掃除の後はしっかり乾かしてください。
もうひとつしておくことが、タイヤの空気を少し抜くことです。
空気を抜いてゴムの張りを抑えることにより、ゴムの負担を減らしタイヤを休めることができます。
保管場所は、屋内の日が当たらない場所で風通しの良い環境がベストです。
屋内に置くことで盗難被害を避けることができますし、風通しを良くすることで湿度によるタイヤの劣化を防ぐことが可能です。


スタッドレスタイヤの寿命は残り溝で判断することができます。
一般的には接地面が50%以上磨耗すると、スタッドレスの機能が期待できなくなるようです。
簡単なチェック方法としては、タイヤの溝の中にあるプラットフォームが磨耗によって目立つようになってきたら、タイヤの使用限界が近づいてきている一つの目安と言えるでしょう。

車を運転するドライバーの約8割が知らないといわれているものがあります。
それがスタッドレスタイヤのついているプラットフォームというものです。
これが磨耗して露出すると、スタッドレスとしての機能が働かなくなるという使用限度を示すサインといわれています。
このサインが出るころには、スタッドレスタイヤの溝が浅くなってしまっているのです。
冬の路面は危険で溢れています。
時間帯によって凍結しやすかったり、凍結した路面に日が当たると氷の表面に溶けてできた水の膜ができるため滑りやすくなっています。


さらに信号や踏み切りなどの停止や発信を繰り返す場所も、凍結路面になりやすいため危険です。
タイヤの溝がなくなっている状態で、冬の積雪道やシャーベット状になった凍結路を走行してしまうと、スリップ事故を起こしてしまう可能性が高まります。
使い始めてから、2シーズンから3シーズンほど経っているスタッドレスタイヤの場合、このような使用限度のサインが出てくることがありますので、安全確保のためにもタイヤの定期点検をする必要があります。
タイヤの磨耗状態によっては新しいスタッドレスタイヤにローテーションすることをおすすめします。
タイヤは車の安全走行に欠かせないものなので、基礎知識をしっかりを身に着けておくことが大切です。

一般的にスタッドレスタイヤの寿命は3から5シーズンほどと言われています。しかしこれはあくまで、一般的なものであり、気温や湿度や保管方法によって寿命は短くなります。いざ古くなって購入するとなると意外と高価だったりするので、使うなら長く使いたいものです。まずチェック方法ですが、一番はプラットホームを確認することです。溝の深さが大体50%摩耗すると積雪路や凍結路面での性能が低下するので。使用限界を占めるプラットホームの側面にある三角印の溝がなくなっていれば、今持っているスタッドレスはすでに限界であるということです。


また、保管方法については、一般的に冬用のホイールに付けてある状態だと積置き、縦置きでもいいのですが、ホイールなしの状態では、必ず縦置きの状態で倉庫なり、車庫に格納しましょう。ホイールなしの状態で積置きした場合側面が変形する可能性がありますし、夏場だと熱で表面のゴムが溶け出して癒着してしまう場合があります。こうなるとスタッドレスの寿命は短くなってしまいます。また保存用のカバーやラック等も手頃な値段で販売されているので、これらの商品を使用して格納しておくと安心して来シーズンの冬に備えることができます。

エッジ効果について

| 未分類 |

雪道でもスタッドレスタイヤが滑らないのにはいくつかの理由があります。雪道や凍結路を安全に走行するためにはタイヤのグリップカ、つまり路面をしっかりと掴む力が重要になるのですが、スタッドレスタイヤにはこのグリップカを高めるための工夫がいくつか施されています。


スタッドレスタイヤと路面が設置する部分をトレッドといいますが、このトレッドにはトレッドパターンという立体的な模様が刻まれています。このトレッドパターンはスタッドレスタイヤだけではなく、全てのタイヤに刻まれているものですが、スタッドレスタイヤには独特の模様が刻まれているのです。
スタッドレスタイヤのトレッドパターンはブロック型というものが採用されています。このブロックの角の部分が走行時に路面の雪をひっかくことで抵抗が生じるので、スタッドレスタイヤを装着していれば雪道でも安定した走行が可能になるのです。この抵抗により走行が安定することをエッジ効果といいます。
さらにスタッドレスタイヤのトレッドには、サイピングというより細かな溝も刻まれています。車の安定走行には接地部分の水分を除去することも重要ですが、この細かな溝が太い溝により排水しきれなかった水分も除去してしまうので、抵抗力がさらに高まり、凍結路でも安定して走ることを可能にしています。

せん断効果について

| 未分類 |

スタッドレスタイヤは雪道と凍結路とでは、滑らない仕組みが異なります。雪道で滑らない仕組みは、「せん断効果」と呼ばれるものです。タイヤの接地面の横溝がタイヤにかかる重さで収縮して雪にくい込んで柱状に固め、その柱をせん断するときの抵抗で、駆動力や制動力が生まれるのです。
しかし、凍結路面では違う仕組みが必要になります。凍結路面でなぜ滑るかというと、接地による熱で溶けた氷が接地面と道路の間に水の膜を作るからです。また、気温の低下はゴムを固くして、接地圧によってもゴムが接地する面積が少なくなります。この2つの原因でグリップ(タイヤと路面の間の摩擦力)が失われるのです。


スタッドレスタイヤには、夏用タイヤに比べて細かく、深いサイプ(溝)が切ってあります。これが凍結路面で滑りにくくなる秘密です。多くの接地面を作り、それによって路面の小さな氷の角にサイプのブロックの角を引っ掛けてグリップ力を得るのです。この時、溝によって路面の水の膜を断ち切り、排水も行います。スタッドレスタイヤの中で「発泡ゴム」の効果を謳っている製品は、スポンジのように水を吸収して逃すと同時に柔らかいゴムが接地面を増やしてグリップを得るもので、溝によるものより進んだ技術です。

粘着効果について

| 未分類 |

冬に入ると雪が降る地域では、車のタイヤをスタッドレスタイヤに履き替える光景が良く見られます。以前はタイヤにピンが埋め込まれた、スパイクタイヤが主流でしたが、粉じんをまき散らすなどの理由から全面廃止となり、その後登場したのがこのスタッドレスタイヤです。
スパイクタイヤは、中にピンが埋め込まれているので、雪道でも滑らないのは予想が付きますが、ではスタッドレスタイヤは、ピンが埋まっていないのに、なぜ雪道でも滑らないのでしょう?
凍った路面が滑る原因は、氷そのものが滑るのではなく、氷の表面が太陽の日差しで融けて水になり、氷の上に膜を作ってしまうからです。この水の膜が路面の氷とタイヤの間に侵入することで、タイヤが滑ってしまうのです。


そこでスタッドレスタイヤには、滑らない特殊な加工が施してあるのです。
スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤと比べて溝が深くなっているのに気付きます。それによって、雪道を走行中タイヤの溝が路面の雪をしっかり噛んでくれるためグリップ力が上がります。
素材には低温でも柔らかさを保ってくれる特殊ゴムを使用しています。ゴムが柔らかいことで凍った路面のデコボコにもピタリと密着します。この粘着効果で更に滑らなくなるのです。

雪道や凍った路面で滑る原因は、車重の圧力によって水分が溶け出してできる水の膜です。
この水の膜が氷とタイヤの間に入って、タイヤを滑らせるのです。
スタッドレスは雪道や凍った路面でも走行ができるように開発されたタイヤで、特別な仕組みによって滑らないようになっています。
深い溝は積雪路で雪を溝が噛むようにしてグリップを得る働きをし、接地面で溝に噛んだ雪はタイヤが回転する間に溝から剥がれ落ち、再度接地した時には、新たに雪を噛む動きをするようになっています。
細かい溝はサイプと呼ばれており、ブロックが変形し凍結路や積雪路で路面を引っ掻くようにしてグリップを得るようになっています。


ゴムは低温でも柔軟さを失わず、また常温でも溶けないよう通常のタイヤとは異なるゴムを使用しており、柔軟に凹凸した路面に密着して接地面積を増やし、グリップ力を維持しています。
また、ブロックサイズ、タイヤのパターン、ゴムの構造などを工夫する事で、タイヤの除水性能を高めて滑りを防止してくれる働きがあります。
さらに、凍結路でのグリップを向上させるために、気泡を含んだゴムを使い吸水や吸着効果を向上させたり、グラスファイバーやクルミの殻を練りこんで引っ掻き効果を高めたタイヤもあります。