車を売るのに参考になるサイト

雪道や凍結路を走行する時に欠かすことのできないスタッドレスタイヤですが、普段このような場所を走行しないという人は交換時期に悩んでしまうものですよね。
まずスタッドレスの交換をする時期というのはふたつあり、まずひとつのは残りの溝です。
これはスタッドレスにかぎらずに普通のタイヤでも一緒ですが、スタッドレスの場合溝の役割がふたつありひとつは冬タイヤとしての役割を保つための溝と、もうひとつは普通のタイヤとしての役割を保つ溝のふたつがあります。
つまり、スタッドレスは雪上や凍結を走行するために必要な溝と、普通に走行するために必要な溝の二種類があるのです。
そのため、溝がある行って位置以下まで減った場合に冬タイヤとしての機能が失われ、次に普通に走行をするために必要な溝がなくなると完全にタイヤとしての使用ができなくなるのです。


芝桜

しかし、スタッドレスで普通のタイヤとして使うのはあまり好ましいものではないので、冬タイヤとしての機能が失われた時点で交換をするのが良いでしょう。
次に溝が残っていても、ゴムが硬化してしまったら冬タイヤとしての効果が失われてしまうため、その時にも交換をする時期になっているということになるのです。